神戸で賃貸契約をする時の初期費用

神戸で賃貸契約をする時、初期費用は平均すると50万円くらいかかりますが、物件にもよるのでケースバイケースです。

ワンルームマンションか、2LDKのマンションなのかによって家賃はかなり差が出ます。

神戸の賃貸情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

また、神戸市の中心部に住むのか、郊外に住むのかによってもかなり家賃に差が出ます。
家賃が10万円と仮定すると、敷金2か月分、礼金2か月分というのが一般的なので、初月の家賃と敷金・礼金だけでも50万円かかります。


さらに、仲介手数料が最大1か月分かかり、その他にクリーニング代などもかかることがあります。


賃貸契約を結ぶ時には、違約金の定めについても確認をしておきましょう。

基本的には1ヵ月以上前に申請をしていれば違約金はかかりませんが、契約内容によっては「1年以内に解約をした場合には家賃の2か月分」、「2年以内に解約をした場合には家賃の1か月分」の違約金がかかるなどと書かれていることもあります。

ビジネス視点でYahoo!ニュースに関してわかりやすく説明しております。

初期費用のうち、敷金については退去の時に戻ってくるお金ですので、それほど気にする必要はありません。

敷金2か月分・礼金なしの物件と、敷金なし・礼金2か月分の物件では、前者のほうがお得ということです。
礼金については基本的には戻ってくることはありません。神戸市は人気のエリアですので、敷金なし・礼金なしの物件はあまり存在していません。このような物件が存在していたら、それくらいの条件をつけなければ契約者が見つからないような賃貸物件ということなので、注意をしておきましょう。